ゴジラのフィギュア

NECA クラシックゴジラシリーズ2 ゴジラ1985(1984)

Posted on 2015-01-03

NECA クラシックゴジラシリーズ2 ゴジラ1985(1984) <レビュー>

メーカー:NECA
品名:ゴジラ 6インチスケールフィギュア クラシックゴジラシリーズ2 ゴジラ1985
価格(税別):?? (日本での価格約3,000円〜)
発売時期:2014年12月頃?

【パッケージ】

ブリスターパック入り。
同シリーズのゴジラ1994と同様に尻尾の先端が外された状態で梱包されています。

【本体】






【頭部】




頭部の造形はかなり良い線を行っているのではないでしょうか。
正直、予想以上のクオリティです。



四角く分厚い下顎も、しっかりと開閉します。
口の中も塗装されています。

【ボディ】


背びれ。
実際のスーツよりやや枚数が多いような気がしますが、一番大きな背びれが腰の位置にあるのはスーツ通りという感じですね。



尻尾。


先端部のみベンダブル式。



このように尻尾が伸ばせるので、泳いでるゴジラも再現できなくもありません。

【腕】


手首。



腕の可動。
可動域はかなり広いです。

【脚】


足の可動。
ジョイントは仕込まれていますが、ポージングをする上で気の利いた動きはしてくれません。


足の爪。
なぜか1本長い爪がありました。


足の裏。

【同シリーズのゴジラ1994と並べてみる】

体のバランスの違いや、塗装の違いがよくわかります。
ゴジラ1985の方が、全体的な塗装は手が込んでいると思います。

【いろいろな角度から】






初めてこの商品の発売告知を見たときに「NECA社やるなぁ〜」と、けっこうテンションが上がりました。バンダイのS.H.Monsterartsシリーズでは、このゴジラ1985(1984)は、おそらくリリースされないだろう(リリースされたとしてもかなり後のほうだろう)と思っているので、意図があるかないかはわかりませんが、そういうポイントを突いてこのタイミングで商品化されたことにテンションが上がってしまいました!
聞いたところによると、このフィギュアは試作品を一般のユーザーに公開し、意見を聞いた上で造形を修正していって完成したそうですね。下にあるAmazonの商品写真が造形を修正される前のプロトタイプの写真だったと思います。このままの造形でリリースされたいたら、おそらく買わなかったと思います。
造形は、足が妙に長いなとか、ジョイントが仕込まれている分、ガニ股にになっているなとか、気になるところが何点かありますが、顔は文句無しに84年版のゴジラをしているので、私はとても満足です!!
まぁ、そもそも84年版ゴジラのアクションフィギュアというだけで十分にレアだと思いますので、手にする価値は十分にあるかと思います。


Related Posts

 

Comment





Comment