ウルトラマンのフィギュア, 仮面ライダーのフィギュア

HG ウルトラマンVS仮面ライダー

Posted on 2014-10-09

HG ウルトラマンVS仮面ライダー <レビュー>

メーカー:バンダイ
品名:HG ウルトラマンVS仮面ライダー
価格:1回300円 全6種類
発売日:2014年9月下旬

●ウルトラマン&新サイクロン号(科学特捜隊Ver.未塗装)



ウルトラマンとセットの新サイクロンは未塗装という仕様になっています。
未塗装ですが、フロントカウルにある科特隊の「流星マーク」は、きちんとスジ彫りがされており、他の流用ではないことがわかります。

●新サイクロン号(科学特捜隊Ver.塗装版)




塗装された完全版の新サイクロン号<科特隊版>です。
科特隊の流星マークもきちんと塗装で再現されています。



ウルトラマンと組み合わせて、塗装完全版ができあがります。
ちなみにウルトラマンの腕とハンドルは一体になっているので、ハンドルごと取り替えます。


仮面ライダー新1号と比較。
サイクロン号のせいもあり、ライダーよりも小さめの仕様となっています。

●仮面ライダー新1号(スペシウム光線Ver.)



スペシウム光線のポーズをした珍しい仮面ライダー新1号です。
背面も塗装されていますが、ベルト脇のエナジーコンバーターの塗装は省略されています。

●古代怪獣ガドラス



今回初立体化となるガドラスです。
角や眼など主要な部分のみ塗装がされており、その他は成形素材のままです。

●合体巨大怪人獣サソリガドラス



こちらも新規造形のサソリガドラスです。
ボディ、両脚、尻尾の付け根のパーツがガドラスと共通です。
ウルトラマン、仮面ライダーと比べてかなりボリュームのある1体となっています。

●毒サソリ男



こちらも初立体化の毒サソリ男。
胸の塗装が細かいですね〜。


全員集合!

【オマケ】

「H.G.C.O.R.E.ウルトラマン ~光臨 白銀の巨人編~」の初代ウルトラマンを使って。
ライダーキックをしている新1号が手元にあれば、劇中を再現できるのに…持っていません、残念!!


ダブルスペシウム光線!!
これは劇中ではやっていませんね。
このフィギュアならではの光景!

「HG ウルトラマンVS仮面ライダー」、「HG外伝ウルトラファイト」以来、再びバンダイがやってくれました!
まさかビデオ作品「ウルトラマンVS仮面ライダー」が商品化されるなんて、思いもよりませんでした。サソリガドラスや毒サソリ男なんて、後にも先にも立体化されることなんてないんじゃないかと思い、おもわず集めてしまいました。

クオリティは、ガドラスやサソリガドラスの塗装が少ないとか、ウルトラマンとセットのサイクロン号は未塗装だとか、いろいろと言いたいことはありますが、まずはこれらのラインナップが立体化されたことが自体が奇跡のようなもんじゃないかと思うので、もう何も言いません!笑

この「HG ウルトラマンVS仮面ライダー」は、2014年夏に大阪南港ATCで開催された「3大特撮ヒーローフェスティバル」で先行販売されておりました。そして当初の予定では9月上旬発売だったのですが、約1ヶ月ほど遅れての発売となったようです。
特に今回は、サソリガドラスがレアアソートのようで、ヤフーオークションではかなりの高値で取引されています(2014年10月現在)。
ウワサでは1/40アソートなどという話もあり、どうもえらいことになっているようです(あくまでウワサですけどね)。

とにかく、先述したとおり後にも先にも立体化される機会に恵まれないキャラクターたちだと思いますので、資料的な価値も高いフィギュアではあると思います。


Related Posts

 

Comment





Comment