ウルトラ怪獣のフィギュア

ULTRA-ACT(ウルトラアクト)エースキラー

Posted on 2014-09-24

ULTRA-ACT(ウルトラアクト)エースキラー <レビュー>

メーカー:バンダイ
品名:ULTRA-ACT エースキラー
価格:4,725円(税5%込)
発売日:2013年04月20日

【パッケージ】

【本体】



【頭部】


【ボディ】

【腕】

●肩アーマー


肩のパーツはボールジョイントで腕と連結されており、腕を動かしても自由に角度を付けられるようになっています。

●交換用手首パーツ

【脚】

【股関節】

股関節部分のボディアーマーの処理を見ると、ガンプラを作っている会社が作ったアクションフィギュアだということがよくわかります。笑
この処理の方法をみて「なるほど!」と思ってしまいました。

【ポーズ】




【武器を持つ!】


エースキラー独特の音叉のような形状をした武器も付属。
二分割することで、専用の手首パーツに持たせることができる。



【「支柱用ジョイントパーツ」を使用】

エースキラーにも、ウルトラ兄弟と同様の「支柱用ジョイントパーツ」が付属します。
魂ステージに直接連結することができるので、非常に楽です。
しかも個体差があるかもしれませんが、ジョイントパーツと腰のパーツとのはまり具合がとてもタイトなので、ジョイントパーツが外れやすいということはありませんでした。


【光線エフェクトパーツを使用】

エースキラーには、吸収したウルトラ兄弟の光線技のエフェクトパーツが付属しています。
上から、「エメリウム光線」「スペシウム光線」「M87光線」のパーツです。
おそらく、ゾフィーやウルトラマンに付属するエフェクトパーツと同じ造形だと思います。
成形色、塗装が異なります。

●M87光線

●スペシウム光線

●エメリウム光線


額中央の切り込みに差し込んで装着するという仕様になっています。

【ウルトラマンエース用スペースQ再現パーツ】

このエースキラーには、先に発売されているULTRA-ACTウルトラマンエース用の「スペースQ」再現パーツが付属しています。
両手首を交換し、頭部中央のトサカの先端で固定するようになっています。


【CCPゴルゴダシリーズを背景にして】

CCPのゴルゴダシリーズ、初代ウルトラマンを背景にしています。
ゴルゴダシリーズの方がやや大きめですが、うしろの方に置いているのでさほど気にならない…??
ここでもCCPのソフビは役に立ちます!

ULTRA-ACTウルトラマンエースとバトル!】


【その他】

ULTRA-ACTのエースキラーは、現在発売されているULTRA-ACTの中でイチバンかっこいい敵キャラなんではないでしょうか?
これだけかっこいいと、とてもいじりがいがあります。
(正直言って、同シリーズのエースよりもかっこいいかも)

ひとつだけ不満があるとしたら、せっかくウルトラ兄弟から吸収した光線のエフェクトがあるのだから、ジャックから吸収した「ウルトラブレスレット」も付属してほしかったところ。。。
またまた贅沢な不満であるw

今回、とても興味深かったのが、もともと可動フィギュアにすることなど念頭にないデザインの昭和特撮キャラを、どうやってムリなく可動フィギュア化しているのか?というところ。
肩のパーツや股関節など、アーマーのパターンを上手く活用して処理されているなと感心しました。バンダイの担当さんの試行錯誤が見えてくるような気がします。

ULTRA-ACTは、いつも敵キャラのクオリティがスゴく高いですが、今回は特に良い1体を見せてもらいました!このフィギュアは、オススメです!!


Related Posts

 

Comment





Comment