ゴジラのフィギュア

特撮リボルテック No.23 ガイガン

Posted on 2014-08-09

特撮リボルテック No.23 ガイガン <レビュー>

製作元:海洋堂
販売元:株式会社ケンエレファント
品名:特撮リボルテック No.23 ガイガン
価格(税別):2,715円
発売日:2010年11月1日

特撮リボルテック 公式ホームページ「ガイガン」

●パッケージ

●本体






●頭部





口の開閉

舌や上あごのキバまで再現! 

●ボディ

腹の回転カッター!

●背中の翼

●尻尾


ベンダブル構造の尻尾は、自由自在に曲げられていろいろな表情をつけられます。

ガイガンの尻尾は先端が槍状になっていたんですね。
エイリアンみたいに突き刺して攻撃する映像が見たい!!

●腕




肘にリボルバージョイントが2個仕込まれているので、かなり大きく曲げることができる。
肘の可動は、後に紹介する「飛行ポーズ」をする際に役立ちます。

●脚

●飛行ポーズ




腕と尻尾、頭部の可動域が広いので、飛行形態も再現できます。
羽が後ろに折り畳むことができたら、もっとよかったのですが。。。

●付属品

ガイガンのネームプレートと、初回限定?の透明ケースとリボチップ!


コンビナートをイメージしたオプションパーツ



このコンビナートパーツには、破壊されて変形された差し替えパーツが付属しており、ガイガンの破壊を再現できます!

●いろいろな角度/ポーズで







●食玩ミニバトルGのキングギドラを後において

キングギドラの方が小さいので、後に置いて遠近感を利用して撮影しています。
やはり、ガイガンといえばキングギドラとの「悪役コンビ」ですね!!

●ムービーモンスターシリーズのゴジラ1968と

今度はゴジラの方が大きいので、こちらもゴジラを手前に置いて遠近感でごまかしてます。
S.H.Monsterartsでゴジラ1968が発売されることを激しく望みますっ!!

●特撮リボルテックのアンギラスと


腹の回転カッターで、アンギラスを切る!!!
(吹き出た血は想像で追加してくださいね)

この特撮リボルテックのガイガンは、定期的に箱から出していじってみたくなる、1体です。
当時「週間少年マガジン」などで活躍していた水氣隆義さんによるガイガンのデザインがやっぱり魅力的なんです。

特に頭部の造形やギミックが素晴らしいんです。
クリアパーツで作られている赤いモノアイがしっかりとヒール感を再現していたり、左右のキバ?眞で動く口の開閉! これは動かしていて、めっちゃ楽しいんです!!
そして、このフィギュアでイチバンおもしろいのは、「飛行ポーズ」!
パーツの差し替えがなく、可動のみで飛行ポーズが再現できます!これがスゴい。

全体的な造形は、脚が短くてアタマがでかい印象です。
とはいえ、世界でイチバン良く動くガイガンのフィギュアではないかと思うので、造形の気になるところは眼をつぶっていてもいいかも。
映像中でも大暴れして東京中を破壊しまくった悪党怪獣なので、よく動くアクションフィギュアになっているのはとても嬉しいですね。
お気に入りの一体です。


Related Posts

 

Comment





Comment