ゴジラのフィギュア

ムービーモンスターシリーズ ゴジラ2014

Posted on 2014-08-06

ムービーモンスターシリーズ ゴジラ2014 <レビュー>

メーカー:バンダイ
品名:ムービーモンスターシリーズ ゴジラ2014
価格(税別):1,500円
発売日:2014年7月12日

●本体






●頭部





眼と口のアップ。
眼には黒目が入っています!
ゴジラ2014の眼はメタリックオレンジだったんでしょうか?
写真を見ても小さくてよくわからんですねぇ。。。
歯が白すぎる気もしますが。。。

●ボディ

●タグ

●背びれ

●尻尾

●腕

●脚

●NECA社のゴジラ2014と比較


NECA社のアクションフィギュアの方が少し大きいですね。
塗装はムービーモンスターシリーズの方が、体表の光沢もなく、質感がリアルですね。
比較するとNECA社のゴジラの方は黒いPVCの塊という感じがしてしまいます。


顔アップで比較。
両者顔つきの違いが一目瞭然。
NECAのゴジラは目線が微妙なので、バンダイのゴジラの方が引き締まった表情に見えます。
バンダイのゴジラの方が歯並びがいいですねw

●ムービーモンスターシリーズのゴジラ1974と比較


同じムービーモンスターシリーズでも、サイズがかなり違いますねぇ…
ゴジラ1974の方がサイズは大きくて、価格はゴジラ2014の半分…
う〜ん、10年前とはいろいろ違うんですね。

●ムービーモンスターシリーズのムートー(MUTO)と対決!



蛇足ですが、ムービーモンスターシリーズのムートーからは、映画の中で見せた魅力がまったく感じられません。
伊藤の勝手な想像ですが、原型を作った人も、ムートーがどういう存在なのかよくわからないまま作ったんじゃないでしょうか?
かなり中途半端な出来です。

ここはぜひ、NECA社にプレデター並のクオリティのアクションフィギュアのムートーを作って欲しいところです。

ただ、やっぱり怪獣ソフビは対決させるとおもしろいですね〜(^o^)

●その他いろいろな角度より



映画「GODZILLA」(2014)の公開に先駆けて、数年ぶりに復活した「ムービーモンスターシリーズ」の新作です。
対象年齢3歳以上のソフビらしいアンシャープな造形で、とても心なごむギャレゴジです。

ただ、いちばん気になるのは、フィギュア自体のサイズが小さいこと!!
ムービーモンスターシリーズ全盛期の10年前のソフビに比べても、2〜3cm小さいんです。
そして定価が当時の倍以上!
原因は製造コストの上昇か? 版権料が高いのか?わかりませんが、
いずれにしても、昔の1,200円のゴジラソフビぐらいの大きさが欲しかったです…
ただでさえ小顔のゴジラが、ソフビのサイズが小さくなることでさらに小顔になり、顔の造形がパッと見ただけではよくわからんです。
(なので、頑張ってアップで撮影しました!)

…なんだか文句ばっかり言ってしまいましたが、エントリーモデル(ちょっと高いですが)として、ぜひお子様にどうぞ!!(≧▽≦) ← なんだ、この締めはww


Related Posts

 

Comment





Comment