ウルトラマンのフィギュア

ULTRA-ACT(ウルトラアクト)ウルトラマン<リニューアル版>

Posted on 2014-06-19

ULTRA-ACTウルトラマン<2012年リニューアル版> レビュー

メーカー:バンダイ
品名:ULTRA-ACTウルトラマン
価格(税別):3,456円(税8%込)
発売時期:2012年07月 ※2014年06月07日 再販

●パッケージ

●本体



●頭部


●ボディ
<胸>

<股間>

<腹筋>

<背中>

<お尻>

<カラータイマーは青→赤へ交換可能>

●腕

<交換用手首パーツ>

●脚


●ポーズ各種

<ファイティングポーズ>



<スペシウム光線>


<ダッシュ>

商品パッケージにあるようなダッシュのポーズは、付属のダッシュエフェクト(左・右)を使うと、より臨場感が生まれて良い感じになります!



<ディスプレイ用ジョイントパーツ>
背中のパーツを「ディスプレイ用ジョイントパーツ」に交換することで、別売りの専用ステージ「魂STAGE」などに接続ができるようになり、ダッシュのような自立が不可能なポーズでもディスプレイしておくことができるようになります。

<飛行ポーズ>

<その他>

ピースサインの交換用手首パーツを使えば、ウルトラマンタロウ第1話の誕生シーンの再現も可能です(ただし、他のウルトラ兄弟も揃えねばなりませんが…ww)。

●各種光線再現パーツ

上が、ウルトラスラッシュ再現パーツ。下が、スペシウム光線再現パーツです。

<ウルトラスラッシュ>


<スペシウム光線>

※使用例

●他のフィギュアとの比較
<ULTRA-ACT2010年版と比較>

2012年版は2010年版に比べて、造形のクオリティが著しくアップしています。特に筋肉の表現や稼働したときにラインが生物として不自然にならないように作られているあたりが、ユーザーとしては嬉しい限りです。
またファイティングポーズを見てもわかるように、あそこまでの前傾姿勢は2010年版では不可能でした。
2010年版のウルトラマンは、いったいなんだったんだ?!と思いたくなるようなクオリティのアップ。発売から2年が経とうとしていますが、いまだにこの2012年版はウルトラマンのアクションフィギュアの中で最高の1体です!

<ウルトラヒーローシリーズのウルトラマンと比較>

ウルトラヒーローシリーズが、映像作品中のスーツをベースに造形されているのに対して、ULTRA-ACTは「理想のプロポーション」「イメージの中での最大にカッコいい体型」のウルトラマンを目指しているように思います。

<SGS(スーパーグレードソフトビニール)第1弾のウルトラマンと比較>

前述のとおり、特徴ある前傾姿勢のファイティングポーズをとれるアクションフィギュアは、この2012年版のULTRA-ACTの他にはないでしょう!

●手元にあるソフビやULTRA-ACTの怪獣とからませてみる

「科特隊出撃せよ」より


「怪獣無法地帯」より


「真珠貝防衛指令」より



「科特隊宇宙へ」より


「遊星から来た兄弟」より
ウルトラマンがニセウルトラマンをチョップした際、硬いところにあたったのか、本当に手が痛かったらしく、ウルトラマンがチョップ後に痛がっています。なんとその様子がNGにならずにそのまま本編に収録されているので驚きです。妙に人間っぽい動きをするウルトラマンだなと…印象的なシーンだったので再現してみました。
ちなみに手前のニセウルトラマンは新発売の「リニューアル版」です。


「故郷は地球」より




ウルトラ水流のパーツは、リニューアル版のULTRA-ACT「ニセウルトラマン」に付属しているものです。


「海底科学基地」より


「怪獣殿下 後篇」より


「まぼろしの雪山」より


「射つな! アラシ」より
ジェットビートルがデカいな…(-o-;


ウルトラマンティガ「ウルトラの星」より
ちなみに、相手のティガはULTRA-ACTのウルトラマンティガ パワータイプをマルチタイプにリペイントしたものです。

そして…
「怪獣ブーム」に育った子どもたちの夢の対決!

「ウルトラマン対ゴジラ」!

●ULTRA-ACTブラザーズマントを装着!
別売りのULTRA-ACT ULTRA-ACT専用 ブラザーズマントセットを、ウルトラマンに装着します!


ブラザーズマントは、背中のパーツを外して装着します。





<ULTRA-ACTウルトラマン2010年版と比較>

2010年版の初代ウルトラマンにはブラザーズマントが付属していましたが、PVC製のため本体に装着するとまったく動きがとれず、オマケに重いので、専用のスタンドが必要でした。。。
今回の別売のブラザーズマントは可動式なので、プレイバリューが格段にアップしました。

最後に、ブラザーズマントを装着したウルトラマンのポーズをいくつか…
初代ウルトラマンは、絶対にこんなポーズはしねぇ!!と思いつつも、自分の本能がおもむくままにカッコいいポーズを探してとりました。
お相手は「大怪獣ラッシュ」のアースゴモラ。すでにウルトラマンが闘ったことがある相手だと、どうしても映像中のイメージに引きずられそうだったので、あえて相手は未対戦の相手をチョイスしました。アースゴモラのデザインが着ぐるみっぽくないので、良い感じでした。








改造用にもう1セット、2012年版ウルトラマンを持っているので、ウルトラスラッシュの再現パーツを使って、いままで見たことのないような必殺技を!
ちなみにもうお気づきかと思いますが、両手首とも右ですww

●総括
この2012年リニューアル版のULTRA-ACTウルトラマンを初めて手にしたとき、第一に思ったのが「こんなウルトラマンのフィギュアが欲しかった!」でした。可動、造形、付属品など、どれをとっても、満を持しての登場だった2010年版ULTRA-ACT初代マンがガッカリな出来だったことへの鬱憤を完璧に晴らしてくれる出来でした。
かつて発売されていた同サイズのアクションフィギュア「ウルトラ超合金」「アクションヒーローシリーズ」など、そのどれもができなかったことが、このULTRA-ACTウルトラマンではできます!

また、個人的に気に入っているのが、横顔! この2012年版ウルトラマンは横顔がめっちゃステキです!
ファイティングポーズを横から撮った写真はどれもお気に入りです。

今回、2014年6月の再販に合わせてこの記事を書き、新たに多くのカットを撮影しました。このフィギュアは、発売から2年が経っていますが、全然古くない! いまだにずっと遊べます!! 
正直言って、今回の写真ではそのポテンシャルを最大限にまで引き出すことができなかったと感じています。まだまだ、このフィギュアで、できることがたくさんあるはず!まだまだ組み合わせて遊べるものがたくさんあるはず!
奥の深〜いフィギュアです。今後数年は、初代ウルトラマンでこれ以上のクオリティのアクションフィギュアはでない?…そんな気がしています。

ウルトラマンのフィギュアが好きなら、絶対にオススメです!



Related Posts

 

Comment





Comment