ウルトラマンのフィギュア

ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマンスコット ウーマンベス チャック

Posted on 2013-09-28


ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマンスコット ウルトラマンチャック ウルトラウーマンベス
<レビュー>

●ウルトラヒーローシリーズ16 ウルトラマンスコット
メーカー:バンダイ
品名:ウルトラヒーローシリーズ16 ウルトラマンスコット
価格:600円
発売日:1989年春頃
全高:約16cm






●ウルトラヒーローシリーズ17 ウルトラマンチャック
メーカー:バンダイ
品名:ウルトラヒーローシリーズ17 ウルトラマンチャック
価格:600円
発売日:1989年春頃
全高:約16cm











●ウルトラヒーローシリーズ18 ウルトラウーマン(ベス)
メーカー:バンダイ
品名:ウルトラヒーローシリーズ18 ウルトラウーマン
価格:600円
発売日:1989年春頃
全高:約16cm








3体一度にレビューです。
先日、大阪日本橋でとても状態の良い「ウルトラマンUSA」の3体を格安で見つけたので、写真に撮ってまとめました。
ここまで詳しく写真撮ってアップしている人はいないんじゃないかぁ。。。
伊藤は83年生まれなので、幼い頃の「最新ウルトラマン」といえばこの3人なんです。
いまや「脇役トラマン」となってしまっていることが残念で仕方がないこの3人ですが、伊藤はけっこう思い入れがあります。当時父親に連れられて映画館に「ウルトラマン大会(フェスティバル)」を見に行き、この3人が登場するアニメ「ウルトラマンUSA」を見たことが忘れられません。
現在「ウルトラマンUSA」はDVDやその他の媒体で本編を見ることができない(公式には)状態が続いているので、早くソフト化して欲しいですね!

さて、このソフビですが「ウルトラマンUSA」公開当時に「ウルトラヒーローシリーズ」で発売されたものです。
伊藤も幼い頃に3体とも持っていました。
(ちょうど映画を見た帰りに京都の大丸百貨店でウーマンを買ってもらったのを覚えています)
ただ、他のウルトラ戦士のソフビと並べると、アニメデザインなので、腕の長さなどが違ってめちゃくちゃ違和感があったのを覚えています。
当時の伊藤はそれがとてもイヤでした(←けっこう拘る子だったんですw)

ソフビは通し番号が「16」番から始まっています。この記事をまとめる際に改めて確認しましたが、番号がとても若い気がしました。当時はまだウルトラマンが十数人しかいなかったんですね。

造形は決して良くはありません。
特にウーマンベスはけっこうマヌケな顔をしてます。
男の子的には劇中のもっとキリッとした顔が欲しかった。。。

他の2人はまだマシですが、
当時のソフビはまだ「MADE IN JAPAN」なので
塗装がけっこう雑なんです。
もっときちんと塗り分けをしたらもっと見栄えがすると思うんですが。。。

とまぁ、決して出来はよくありませんが、スタンダードなサイズのウルトラマンUSAのフィギュアというともう他にないんですよね。
あとは、食玩のマスクコレクションや新世紀ウルトラマン伝説シリーズ、あとは指人形とか、不滅のウルトラマンセット?みたいなセット売りのミドルサイズソフビぐらいではないでしょうか?
とにかく立体化されていない!!

伊藤はウルトラマンUSAがリメイクされて、現行の着ぐるみ準拠でフィギュア化されたり、
ジョーニアスみたいにアニメ準拠でULTRA-ACT化してくれることを切に願うしだいであります。

…だれも買わないだろうなぁww

いまネット見てて発見したんですが、
アレックスさんが改造されたウルトラマンUSAのソフビが良い感じです!
これ欲しいです!!!

★元記事
http://blogs.yahoo.co.jp/blogs_zoffy/31676382.html

Related Posts

 

コメント1件

 さんちょう | 2013.11.06 10:28

ジョーニアスは奇跡の80より先にアクト化したのでこのUSAも出るんじゃないかと思います。

Comment





Comment